2015年11月24日火曜日

MOMO-CHAN


「太陽の中心核では4つの水素が融合して1つのヘリウムを作るが、水素の質量の0.7%がエネルギーに転換して放出され、それによって太陽は輝いている。この放出量が0.71%だったら星の進化スピードが早すぎて、太陽はすでにない。0.69%だとスピードが遅くなり、ヘリウム結合ができず、137億年たっても炭素が作られず、生命は生まれていない」―――桜井邦朋氏

 鮮烈だった。何かとてつもなく大きな意志が働いている。そうとしか思えない宇宙現象である。
一つの生命細胞が生まれる確率は、一億円の宝くじに百万回続けて当たるような確率であり、現代科学はいまだに一つの細胞も作れていない、とも教わった。

先日、上野の国立科学博物館で開催されていた『生命大躍進展』を見て、38億年前に地球の水中に生まれた単細胞生命が人類になるまでに、3回の大躍進があったことを知った。

 第1の大躍進は5億年前。生物が目を持ったことである。

 地球に誕生した生命は、30億年以上もの間、単細胞生命のままだった。約5億年前、なぜか遺伝子が4倍になり、余分の遺伝子が新しい機能を進化させ、複雑な形をした目を持つ生物が突如現れた。その代表格はアノマロカリスというエビのような形をした体長1mほどの肉食動物。高性能の目を武器に獲物を巧みに捕らえた。よく見える目の獲得は生存競争における優位性の獲得であったのだ。

 第2の大躍進は、哺乳類が胎盤を獲得したこと。胎内で育てることで赤ちゃんの生存率が高まったのである。

 どうして胎盤を手に入れることができたのか。1億7千年前、その頃の哺乳類に強力なレトロウイルスが流行した。多くは命を落としたが、生き残った哺乳類の体内でレトロウイルスが生殖胎の内部に入り込み、ウイルスの遺伝子が組み込まれ、胎盤ができたのだという。ウイルス感染という逆境が生命を進化させたのだ。

 第3は、哺乳類が大脳新皮質を獲得、脳が大きくなったこと。脳の形成に働く遺伝子にはアクセルとブレーキの役割をするものがある。哺乳類は一時的にブレーキ遺伝子が故障し、それによって脳細胞が増殖、大脳新皮質が形成される要因になったという。遺伝子の故障という不慮の事故で、人類は言葉と知性を獲得したのである。

 こう辿ると。信じられないような偶然が積み重なって生命は進化してきたように思えるが、先の両氏のお話を重ねると、そこに一貫して流れる宇宙意志のようなものを感じずにはいられない。

 私たちは限りない宇宙の恵みの中に生きているという思いが胸に迫ってくる。私たち一人ひとりの生命は無数の奇跡によって織り成され、いま、ここにある。

 そのことに思いを馳せ、自らの生を全うすることこそ、すべての人に課せられた使命なのではないだろうか。

--人間という奇跡を生きる(致知2015.12)抜粋


アインシュタインは、この世界のことを「相対性」であると言った。物体は、他の何かと比べることで初めてその特性(位置・姿・意味)が確定するのだと。享受することが当たり前の感覚となった現代で、目の前に広がる全ての事象がどれだけの奇跡の上に成り立っているのか忘れてしまう。だから失ってから気づくんだろーなー。おろかだよね。そしてまた同じことを繰り返すんだよ。


なんかインテリぶりたくなったのでこれからは伊達メガネをすることにします。全部コピペだけどね。へへへ

2015年11月16日月曜日

KOHH - "貧乏なんて気にしない" Official Video



うん。まぢかっけーよ!久しぶりなニューカマーや。楽しみー